短期集中治療

[受付時間] 9:30~19:00

TEL.078-911-4182

WEB予約 お問い合わせ

短期集中治療 FULLMOUSE

短期集中治療

短期集中治療の大切さ

むし歯は自然に治ることがなく、一度むし歯を発症すると他の健康な歯に感染していきます。
1ヶ所のむし歯を治療している間にもむし歯菌は増殖していき、
治療期間が長くなってしまうと、その分健康な歯への感染リスクも高くなっていきます。
その為、治療を開始する段階で期間や回数、費用を明確にした上で、
1回あたりの治療時間を長くとり、短期集中型の治療を行うことは健康な歯を守る上でとても大切です。

患者様の口腔内の状態を細かく
精査した上で治療計画を
立案していきます。

1回の治療期間を充分に確保し、症状や治療方法、術後の注意事項等をしっかりご理解していただいた上で治療を行っていきます。矯正治療とインプラントの併用や審美治療とインプラントの併用など、患者様に合った治療計画をご提案していきますので、気になることがあれば、お気軽にご相談ください。

TROUBLE

このような症状・お悩みは
ありませんか?

  • 仕事が忙しくて通院ができない
  • まとまった時間が中々とれない
  • 通院回数を少なくしたい
  • 歯周病で歯がボロボロ
  • 一刻もはやく治したい
  • 歯並びも気になる
  • 治療費よりも治療期間を優先したい
  • 詰め物の変色が気になる
MERIT

短期集中治療のメリット

01

健康な歯へのダメージを
最低限に防げる

02

将来的な口腔内トラブルの
リスクを軽減できる

03

短期間で治療を終わらせる
ことができる

04

通院回数が少なく済む

05

患者様の
精神的負担が少なくなる

さらに…
当院では短期集中で
インプラントとの併用治療も
可能です!

インプラントとの併用治療

難易度が高い全顎的な歯科治療
豊富な症例実績を持つ歯科医師が
口腔内全体の治療をカバー

患者様のご希望や生活スタイルに合わせた患者様にとって最適な方法をご提案していきます。
先端の医療機器を整え、詳細なデータを緻密に精査した上で、治療計画を立案していきます。

痛みに弱い方や不安が強い方には、
専門医を呼んで静脈内鎮静麻酔を行うことも可能です。
ご希望の方はお気軽にご相談ください。

矯正治療との併用

歯の乱れがある状態でインプラントを埋入してしまうと、早期に口腔内トラブルを起こしてしまうリスクが高くなります。またインプラント治療後に矯正治療を行おうと思うと、歯の動きが悪くなってしまうデメリットがあります。当院では患者様の口腔内の状態に応じて、矯正治療とインプラント治療の併用をおすすめしています。

審美治療との併用

詰め物が外れてしまっている場合など審美治療が必要な場合は、合わせて治療を行うことが可能です。奥歯などの見えない部分だと治療を安易に考えてしまう場合が多くなってしまいますが、セラミックや金の歯を入れておくことで、歯の清掃性が高まり、二次カリエスのリスク軽減にも繋がります。治療後より長く効果を持続させていくためにも併用治療を行うことをおすすめしています。

歯周病治療との併用

診査・診断の段階で歯周病が見つかった場合はまず歯周病の治療を行っていきます。埋入するインプラントはむし歯にはなりませんが、歯周病に罹患しやすいリスクがあります。事前に口腔内の歯周病菌を取り除くことで歯周病になるリスクを軽減させていくことが大切になります。

症例紹介

治療前

治療後

詳しくはこちら
施術内容 インプラント治療・矯正治療・審美治療
治療期間 約30ヶ月
リスク・副作用 ・インプラント手術後、まれに唇、舌、頬、歯肉そして歯牙の感覚マヒが一時的に発生する場合があります。
・内出血(紫斑や黄斑など)が生じる場合があります。
・術後、3~4日目に傷口が腫れてきますが、殆どの場合、1週間程度で傷口は治ります。
・歯牙や骨の状態により手術内容が予定より変更することも起こりえます。
・処方された薬剤の服用により吐き気、めまい、など一時的な副作用が現れることがあります。
・インプラントの耐久性は、天然歯同様、口腔衛生状態により変化します。
費用 3,500,000~5,500,000円

費用

インプラント治療 370,000円
407,000円
(税込)
鎮静麻酔一式 150,000円
165,000円
(税込)

※税込み価格表示です
※デンタルローン対応可

お支払方法

現金

クレジット
カード

銀行
振り込み

デンタル
ローン

医療費控除

生計を同一とする方を対象にその年の1月1日から12月31日までの間に100,000円以上の医療費を支払った場合、納めた税金の一部が還付される制度です。
税務署へ確定申告することで、治療費の一部が戻ります。
※全ての治療が適応されるわけではありません。

注意点、リスク・副作用