小児歯科

[受付時間] 9:30~19:00

TEL.078-911-4182

WEB予約 お問い合わせ

小児歯科 PEDIATRIC

小児歯科について

小さなお子様にもわかりやすい、
優しく丁寧な説明を

心掛けています

お子様にとって「歯医者はこわいところ」というイメージが強いと思います。一度痛い思いやこわい思いをしてしまうと、歯医者に行くことを嫌がるお子様も多いかと思います。当院では少しでもこわい気持ちを軽減できるよう、お子様のペースに合わせてゆっくりと治療を進めていきます。嫌がるお子様に無理に治療を行うことはありませんので、安心してご来院ください。

TROUBLE

このような症状・お悩みは
ありませんか?

  • むし歯がないか心配
  • 歯医者に行くのを嫌がる
  • 歯磨きの方法を教えてほしい
  • むし歯になってしまった
  • フッ素塗布をしてほしい

当院の小児歯科

キッズスペースを
完備しています

お子様のペースに
合わせた治療

まずはお子様が医院に慣れていただくことから初めていきます。お子様の嫌がる治療は行わず、コミュニケーションをとりながらゆっくり進めていきます。

親子で歯科診療

お子様はもちろん、一緒にご来院される親御さんも合わせて歯科治療を行っていきます。当院はマタニティ診療にも対応しているため、不安なことがあればお気軽にご相談ください。

予防方法

TBI(歯磨き指導)

子どもの段階で正しいブラッシング方法を身に付けておくと、大人になってからも健康な口腔内を保つことができます。
お子様の年齢や、歯の大きさ、歯並びに合わせたブラッシング方法をアドバイスしていきますので、気になる部分や不安に思っていることがあれば、何でもご相談ください。

フッ素塗布

フッ素には歯を強くする働きや、再石灰化を促す働きなど様々な効果が期待できます。特に小さなお子様への効果が高いと言われているため、定期的に歯の表面に塗布を行い、むし歯の予防を心掛けましょう。

シーラント

生えたばかりの奥歯は溝が深く、複雑な形状をしているため、磨き残しが多くなってしまいがちです。そのため、あらかじめシーラントといわれる歯科専用のプラスチックで埋めておくことで、汚れがたまらないように予防していきます。

お子様の歯並びについて

お子様の歯並びで
気になることがあれば何でも
ご相談ください

お子様の歯並びに関して、矯正を始めるタイミングや方法で悩まれる親御さんは多くいらっしゃいます。小さなお子様の矯正治療方法は大人の矯正と異なり、顎の成長に合わせて歯が生える環境を整えることから始まります。お子様の日頃の習慣や癖で気になる部分がある方はお気軽にご相談ください。

お子様が「お口が開いたまま」になっていることは
ありませんか?
お口が開いたままになっていると

下記の症状を引き起こしやすくなります。

むし歯になりやすくなる

唾液はむし歯菌などの口腔内細菌の繁殖を抑制させる役割があります。口が開いたままになっていると乾燥で唾液の分泌量が減ってしまい、細菌が繁殖しやすい環境となるため、むし歯になりやすくなります。

風邪にかかりやすくなる

お口が開いたままになってしまうお子様は口呼吸をしている場合が多いです。その為、菌を含んだ空気を吸い込んでしまい、感染症に罹患するリスクが高くなってしまいます。

顔が歪む可能性がある

成長期の段階で口が開いた状態が続くと、口周りの筋力がや顎骨の発達不全が起こり、顔の歪みが生じるリスクがあります。

歯並びが悪くなる

悪習慣があると舌を正常な位置でキープすることができないため、出っ歯やすきっ歯などになってしまう可能性が高くなります。